スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広州薬業:医療制度改革が業績増へ

2008/05/05 (月)  カテゴリー/中国ニュース

【個別銘柄点評】広州薬業:医療制度改革が業績増へ  【中国情報局】


医薬品やその中間原料のほか、医療機器、健康食品、飲料などを手がける広州の総合医薬品メーカー。2007年通期は、売上高が前年比20%増の123億元、純利益も同47%増の3.2億元と好調を維持。健康茶飲料「王老吉」と糖尿病治療薬「消渇丸」の売れ行きが伸び業績拡大に貢献したほか、法人税率の引き下げなどの要因により、収益性が改善されている。


現在、中国では医療保険制度の改革が進められており、将来に渡って医療保険がカバーする人口の増加が予想されている。大福証券では、これが医薬品業界のマーケット拡大につながるとみて、同社の業績を後押しすると分析。08年、09年の通期純利益をそれぞれ前年比23.8%増の3.96億元、同30%増の5.15億元と予想している。また、同銘柄の目標価格は08年通期予想PER(株価収益率)18倍から計算した9.8香港ドルに設定している。


昨日は、上海の医療制度と広州の医療制度の違いについて、簡単に触れましたが、医療制度改革によって業績が伸びた企業の一例です。


現在、健康食品やサプリメントへの関心が高まってきています。また、アンチエイジング関係の化粧品への関心も高まってきており、駅の中やタクシーでの広告も化粧品や美容関係がよく目につきます。


上海は、女性の消費は自身のために使うことが大半のため、ファッションや美容への消費割合が非常に高くなっています。何度かブログでも取り上げましたが、女性の消費行動を読み解き、求めるものを提供していくことは世界共通ですが、より中国では重要と言えそうです。


健康ビジネス、アンチエイジングビジネスのチャンスが拡大されると見て、日本企業も注目し始めています。先日、足を運んだ健康食品展示会でも多くの日本企業が出展をしていました。これからは、中国発の健康・美容ビジネスが日本に輸入されることもありそうです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。