スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の富裕層がターゲット、新ビジネス

2008/04/24 (木)  カテゴリー/中国ニュース

「中国の富裕層がターゲット、新ビジネス」 【News i】


1回のツアーで数百万円を惜しげも無く消費する中国の「富裕層」をターゲットにした、新たなビジネスが盛んになっています。


6日間ほどで京都や箱根などを周り、最後に東京で買い物をするツアーが人気です。


売上高が減少している中、中国人の観光客による売上は大幅に増加。いまや無視できない「お得意様」といえます。この日銀座を訪れた田麗さんも、わずか1時間でおよそ10万円のお買い上げ。


中国人の平均年収は都市部でもまだ17万円程度ですが、企業の経営者や外資系企業の幹部など、年収750万円を超える人が増えてきているといいます。そうした中国人の富裕層を狙ったビジネスが今、盛んになっています。


東京・赤坂の寿司店では、中国国内で13億枚以上発行されている「銀聯(ぎんれん)カード」での決済を導入しました。


中国政府は海外への現金の持ち出し額に制限を設けているため、銀聯カードを使った消費に期待を寄せています。


日本に帰国した時に、銀座に足を運び数店舗ブランドショップを回りました。平日の昼間ということもあり、客数は少なかったですが、それでも中国人の買い物客はいました。また、レジの横にはもう見慣れた「銀聯カード」のマークが飾ってあります。記事や話だけで聞いていた中国人富裕層の存在を肌で感じた初めての経験でした。


そして、本日は上海で同様の経験をすることができました。夜ご飯を仕事の関係でお付き合いしている方(日本在住7年で非常に日本語が上手)に、昔からの友達のところに案内してくれるということで付いていきました。今は、富裕層も念頭に入れたビジネスを考えているので、そういった人に関心があることは伝えていたのですが、連れていってもらったお店はすごかったです。


自営業なのですが、各種高級品と呼ばれるものが揃っていました。葉巻・パイプ・シングルモルトのブランド品・高級ワインなどなど。他には高級チョコレートや日本から仕入れた鉄の急須、ポルシェのライターなんてものもありました。販売する商品の共通ワードは「高級」。これだけです。


シングルモルトを嗜んでいると、オーナーが戻ってきました。パイプをくゆらせながら、持っていた携帯は1台30万円はするものでした。オフィスの前に「久光(そごう)」があり、1階のブランドショップに展示されているのですが、いつも見ながら「これを買う人はいるのかな」と疑問になっていたのですが、買う人がいないと展示しないと、簡単なことに気付かされた瞬間でした。


客層もユニークな人が多く、スパイダーマンの吹き替えをしている人、投資家で大金持ちとなった人が来ていました。オーナーも非常に若く、私より2歳だけ年上でした。


確実に中国には富裕層は存在しています。日本では日本人だけを客としているだけでは、売上が厳しくなってきた業界が出始めています。これからは、積極的に海外から旅行者を呼び込み、消費してもらうように転換していく必要性が強まるはずです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

■無題

お久しぶりです。

慣れない海外生活、お困りになることも多いんでしょうね。

でも、ボクには新鮮な情報ばかりです。
読書ブログも再開されて何よりです。

お体を大切にして、お仕事にお励みください。
また、遊びに来ます。


momo2006 | URL | 2008/04/24 (木) 21:36 [編集]

■>momo2006さん

おはようございます!
そしてお久しぶりです。

長い間ブログを放置していましてすみません。
これからは書評も更新を頑張りますので、
今後ともよろしくお願いします。


きっちん | URL | 2008/04/25 (金) 10:55 [編集]

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。