スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活ブログと呼ばれるものに関して(4)

2005/05/16 (月)  カテゴリー/Mobile

約1週間ぶりの投稿です。

しかもまた携帯からです(^-^;



誰も期待してなかったやろうけど、

途中だと気持ち悪いので…



時間が空いてしまい少し忘れてしまいましたが

つらつらと書いてみます。



ブログが就職活動で利用されるようになったのは

1つ上の学年からです。

僕自身先輩がやっているのを見て

面白そうだから始めてみたのがきっかけです。



しかし当時は今以上に利用している人は少なく、

学生も単純な日記として使用し、

企業もブログの存在自体知らなかったというのが現実ではないでしょうか?



今年も学生の間ではブームとなりましたが、

企業はまだまだブログをどう利用していくか様子見の段階です。

ここでの利用とは、採用活動に取り入れていくかどうかです。



一部のブログ愛好家?の間では

ブログを利用した採用を提案していましたが

実現のためにはまだまだ時間がいりそうです。

それはやはりネットに対する信頼に置き方の違いがあると思います。

ただ、参考程度に受けている学生のブログを見ていた企業もあるかもしれません。



オチにもならないのですが、

そもそも学生はブログの利用を

就職活動で知り合った学生との交流に重点をおいている印象を受けました。

つまり、就活ブログによって有名になった

学生ブロガーがよく取り上げられていますが、

それはブログによって認知のスピードと規模が

格段に向上しただけであって

ブログがあろうとなかろうと

そういう学生は活発に就職活動を行い、

結果、多くの内定をもらっていたはずです。

ブログがあろうとなかろうとその結果に変わりはなかったでしょう。



就活ブログは、

ブログ自体の可能性で取り上げられている

インターネット上の新しいコミュニケーションツールとしての

役割を顕著に表したことに大きな貢献を果たしています。



時間や距離、二者の関係などの制約を受けることなく

ある一定の信頼レベルをクリアした

情報のやり取りができることがブログの良さです。



あ~やっぱり1週間も経つと

書きたい内容忘れてる…

携帯だから見直しもできないし…。



気を取り直して最後にアイデア?を1つ。



企業名を出すか出さないかの解決策として



☆各企業のトラックバックセンターを作成



というのはどうでしょうか?

自分のブログには全く企業名を出さずに

トラックバックリストから企業を見つけて

トラックバックする。



これによって知りたい企業の情報を

一元化して閲覧することができます。



まぁ企業の人も見れるから、

その点はクリアできていないんですが(^-^;



就活用のSNSよりは使える気がします。

実際SNSを利用してみて使い道に困ったので。



長文のくせにへたれな内容でごめんなさい。

最近はまってるAERAで就活ブロガーが特集されていたのと

ブログ関連の本に触発されて書いてみました。



こういうの考えてみると楽しかったので

ちょくちょく書いてみたいと思います。



まぁ何回か書いたらもう少し内容もマシになるやろうし…






スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。