スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人旅行者、「医療観光」で大邱へ

2008/04/04 (金)  カテゴリー/中国ニュース

外国人旅行者、「医療観光」で大邱へ 【中央日報】
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=98228&servcode=400&sectcode=400

医療や美容を目的とした「メディカルツーリズム(医療観光)」が相次いでいる。整形などを希望する外国人旅行者が大邱(テグ)を訪れているのだ。大邱市は3月31日、中国・遼寧省瀋陽市の医療観光ツアーに参加した旅行者16人(女性14人)が大邱を訪問、二重まぶたの手術などを受けた後帰国する予定だと伝えた。


これは、今年2月、アルジェリアの記者団11人とフィリピンのLG電子・家電製品ディーラー40人が、同市・東山(トンサン)医療院で身体検査を受けた後、啓明(ケミョン)大・漢学村などを観光したことに続き3回目だ。それらは、大邱公平洞(コンピョンドン)のヨセプ整形外科で二重まぶた・豊胸術・脂肪吸引の手術を受けた。


市関係者によると、旅行者の大半が、中国で手術を受けたが副作用があり、大邱を訪れたケース。旅行者達は、瀋陽で不動産・建築業に携ったり、薬屋を経営している上流層とされる。同ツアーは瀋陽の旅行会社が企画したもので、旅行者らが大邱で使う手術費・宿泊料だけでも1億ウォン(約1000万円)を上回るという。


現在、中国の富裕層による「メディカルトリップ」が人気になってきているそうです。追加のコメントをする前に下記の記事もご覧ください。


SBIウェルネスバンクとJTB、中国の富裕層向け健診ツアー 【nikkei BPnet】
http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz08q1/566785/


こちらも同様にメディカルツアーを始めるという記事です。中国の富裕層は日本より割合は少ないですが、富裕層の中でも特に裕福な「超」富裕層の割合が日本と比較にならないほど高いです。ほとんどが、不動産によって富を築いた人で、巨額の富を使ってさらに投資や自分のために消費をしています。


初めの記事は、美容整形で有名な韓国での美容整形ツアーです。韓国では6~8割の女性がどこかしら整形していると言われる整形大国です。中国でも女性が整形をすることに対しては、美人になることで本人に利益があるからという理由で日本よりは受け入れられているようです。


お金を持っているけれど、中国国内の商品やサービスは心配という富裕層がより良いサービスを求めて海外でお金を使うケースがこれからまだまだ増えていきそうです。このビジネスチャンスをどのように活かすのか、どの国もどこの会社も目をつけているであろう市場なので、面白いサービスも生まれてきそうですね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。