スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海徐家匯駅の地下街が改装のため営業停止

2008/04/02 (水)  カテゴリー/中国ニュース

上海徐家匯駅の地下街が改装のため営業停止 【上海エクスプロア】

http://www2.explore.ne.jp/news/article.php?id=8765&r=sh


上海地下鉄1号線の徐家匯駅にある地下街が、4月1日より営業を停止して、全面改装にはいる。この地下街は、徐家匯駅を南にいったところにあり、10年ほどの歴史をもつ。大規模な改装が行われるのは、今回が初めて。
現在、衣類や小物などのセールが行われていて、4月7日までに全店が撤収することになっている。今後は、高級感を出した娯楽・ショッピングを楽しめるエリアとなるようだが、詳細はまだ明らかにされていない。
上海市では、現在地下エリアに商店街を設置する方向で整備を進めている。


徐家匯駅は電化製品店がひしめき合い、一方で飲み屋さんなどもある日本の上野に少し似ている場所です。ゲームやパソコン、最新の携帯を購入する場合は、徐家匯に見に行って購入する人がほとんどみたいです(一部で通な人は上海駅で中古の携帯を購入したりしていますが、グレーな商品です)。


ただ、徐家匯駅にある電気屋さんは値札が付いていないものばかりで、中国人でも相場がわかっていないとなかなか安く買うことができないみたいです。中国語が話せたら、何店か見てまわって相場を知ってから買うか、インターネットで事前に調べてから行くのが良いかもしれません。


上海ではPSPを持っている人が本当に多いです。PSPで映画やテレビドラマも見ているみたいで、ハードの使い方は日本よりも上手かもしれません。入手経路は店舗ではなさそうですが・・・。以前に記事 にしたようにまだまだ中国はコンテンツに対する価値というものが低く扱われているので、PSPはこれからも人気が続きそうです。


地下エリアに商店街を設置していくところは日本に似ていますね。日本は土地が少なくて地下というスペースを有効活用して成功しましたが、上海は駅の開発、活性化のために積極的に商店街を利用しそうです。土地や文化に少し違いがあっても、発展していく過程は似てくるのかもしれません。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。