スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RUSH BALL ライブレポ#1

2004/08/30 (月)  カテゴリー/Entertainment

めちゃくちゃよかったです!!
RUSH BALL 2004@メガKobe

出演アーティスト
POLYSICS
ASIAN KUNG-FU GENERATION
POTSHOT
ストレイテナー
THE BACK HORN
PENPALS
HUSKING BEE
曽我部恵一 with OO TELESA(ダブルオーテレサ)
the band apart
ACIDMAN
BUMP OF CHICKEN


初めての野外フェス参加。ハマりそうです♪

注:ド素人が書く感想なので、気分を害す可能性があります。
  それでもいいという人は"続きを読む"からどうぞ。


各アーティストの演奏リストはこちら

台風の心配がされたが、少し風が強い程度で雨の降る様子も無い。
似たようなマイナー通(失礼)の友達と会場へ向かう。
すると、沢山の人とSurprise ACTのPOLYSICSの演奏が聴こえてくる。
POLYSICS舐めていました。デジタルなサウンドを出す変なバンドという認識しかなかったのですが、
最初の盛り上げ役としてはサイコーの演出をしていました。正直カッコよかった。
でも、積極的に聴くことはしないと思う。ゴメンナサイ。

開演の12:30が近付くにつれ、メインステージに人が集まり始める。
先陣を切るのは、今は押しも押されぬアーティストになったASIAN KUNG-FU GENERATION
観衆はアジカンの登場を待ち望む。


ASIAN KUNG-FU GENERATION


1曲目からフラッシュバックはやられました。
フェスの雰囲気はどういうものか読めずに、オロオロしていたのですが、一気にテンションハイに。
周りのみんなと同様に一体となるべく、音楽に体のリズムを刻み、右手を掲げる。
新曲のリライトの後に、羅針盤の演奏が始まる。
大好きな1stアルバムの中でも一番のお気に入りの羅針盤が聴けて最高によかった。
そして締めには君という花で全観衆を完全に味方につけて終了。

2番手はPOTSHOT。(昔は)スカの中で大好きなアーティストだったのでちょっと期待しつつ、演奏を迎える。


POTSHOT


スカバンドのライブを見たのは初めてだったが、
観客のノリがめちゃくちゃ良くて、いわゆるスカダンスを踊りまくる。
見ているだけで楽しくなってくる上に、ボーカルのRYOJIが客を乗せるのがウマイ。
我慢できずに、モッシュ&ダイブの集団に参加。
本日1回目のモッシュに気分は上々。
最近はマンネリ気味で、聴く機会も減っていたので
盛り上がるのか?と内心不安だったが、そこはベテランの貫禄を見せ付けられた感じだった。

続いて、ストレイテナー


ストレイテナー


認知度が少し低いせいか前の2バンドよりは客の数が減る。
俺自身、聴く機会が無かったので事前にアルバムを借りて少し予習していたぐらいだった。
そういう理由で、今回はこれから聴き込むかどうかをライブで判断しようとしていた。
しかし、友達が一押しなだけあって、めちゃくちゃ良かった。
ROCKとしてハイクオリティの演奏だった。
ボーカルも歌い方が爽やかで、それでいて歌声が力強く、顔もイイ(笑)
予習しておいたアルバムからかなり演奏されていたおかげで、純粋に楽しむことが出来た。
アルバムを一枚ブースにて購入。これから聴き込んでいくアーティストになりそうだ。

かなり満足した状態でTHE BACK HORNへ。


THE BACK HORN


一度アルバムを借りたことはあるが、趣味に合わなかったのでそれっきりの付き合いだった。
ということで、どんな演奏・歌い方をするのか見てみることにした。
うーん、めちゃくちゃ濃い。顔も歌い方も。
そんでちょっとエレカシのボーカルとかぶる。
あとは、客が乗りにくそうやった。あくまで遠巻きに見た感想。
ライブでは緩急織り交ぜた楽曲よりも早いならそのまま突っ走り、
遅い曲なら聴きこませるメリハリが必要だなと再確認。

そんなこんなで出演アーティストの中で3番目に楽しみだったPENPALSの登場。


PENPALS


本日初めて、前の方のブロックに入ってみる。
ヤバイ、ノリが違う。始まってすぐに後ろからすごい勢いで押されて、
TELL ME WHYからスタート。マジ最高。曲が始まるとモッシュ開始。
ブロックの一番後ろにいたはずなのに気付けば3列目ぐらいまで移動していた。
そんでもってダイブの数も半端じゃない。
本人も言っていたが、PENPALSはやはりロックンロールバンドであるなと思った。
それにしてもラブソングは反則。会場のテンションはピークに達した。
ボーカルの林カッコいい。眉毛あたりに貼ってあった絆創膏が気になる。
他の方のブログを見て分かったのですが、演奏中に流血したそうで。
前をしっかり見れていなかった自分は気付いて無かったです・・・

少し活動を休むみたいだが、活動再開を楽しみに待っていたい。

PENPALSで体力大幅に消費したので、
これまた大好きなHUSKING BEEだが少し離れて演奏を聴くことにした。


HUSKING BEE


ボーカル磯部の独特な歌い出しに魅了されつつ、演奏がスタート。
ハスキンもすごくカッコいい(ごめんなさいこんな表現ばっかで)
個人的にはツインボーカルのもう一人の平林の方が好きで、NEW HORIZONとか最高でした。
それにしても摩訶不思議テーゼはいつまでも耳に残ります。

続きは後日書きます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。