スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンのこと

2004/08/29 (日)  カテゴリー/Diary

来週のシフトも出て、今月どれだけバイトをした(予定)のか計算してみると・・・

「153時間」

でした。今年は海外に行かなかったせいもあるだろうなぁ。
一ヶ月を時間に直すと、約720時間なので
5分の1以上をバイトに費やしていることになります。

多数の意見がやりすぎアホちゃうでしょうねぇ(^o^;

で、そんなバイトのことをちょっと真面目に書いてみようかなって思いました。

知っている人は知っていますが、あだ名通りバイトはファミレスのキッチンです。
このバイトを始めたのは高3の部活を引退してすぐの12月でした。2年8ヶ月になります。
去年の9月に働いていた店が潰れて、チェーン店の強みもあり、今は違う店舗で働いています。
このバイトを始めてから労働時間は月平均80時間は切っていないと思います。

最初は包丁なんてほとんど握ったことなくて、どんくさいのも相まって、
指を切ったり食器割ったり、いろいろと迷惑をかけていました。
少しでも早く一人前になりたいという思いからバイトに入りまくり、
気付けば1年後には時間帯リーダーという立場に。
多くの人は責任ある立場を嫌がりますが(今は俺もめんどくさいです)、
その当時は自分が一人前として認められた気がして本当に嬉しかったです。

ファミレスのキッチンで働いた経験のある人はわかると思いますが、
キッチンにはセクションと呼ばれる料理のパート分けがされています。
例えばコンロやオーブンを扱うパートであったり、
フライヤーやサラダを扱うパート、皿洗いのパートなどがあります。
他にももう少しありますが、はしょります。
で、新人の時はまず皿洗いをやります。
皿洗いといっても手洗いではなく機械を使ったものです。
最近は調理ばかりなので、皿洗いをする機会はあまりありませんが、
潰れた店でしごかれたせいもあり、自慢できるぐらいのスピードです(笑)

ここまで読んだ方は心の中で「なんや全然中身ないやん」って思っていることでしょう。
でも、ここからは頭を使って書きたいと思います。(ホントに出来るのか・・・)

皿洗いがある程度慣れてくると、次は調理を任されるようになります。
その段階で二通りの入り方があります。
それは上で説明したコンロやオーブンを扱う方からか、サラダやフライヤーをする方からかの違いです。
大したことないようで、これによってバイトをする人間の性質が大きく変わる重要なものです。

俺はコンロやオーブンを扱う方から入りました。火を主に扱うセクションで、火傷の数は半端じゃないです。
火のせいでそこだけ気温がおかしいぐらい高くてめちゃくちゃ暑いのも特徴です。
最初は1品ずつあげるのが精一杯。慣れた人から見ればトロトロと、でも本人は必死に作っていました。

ある時社員の人が
「2品同時に上げるためにはどうすればいいのか頭でしっかり考えてやってみろ」

と言い、実際に詳しく説明してくれました。

そこからがワンランクアップへの特訓です。
2品同時に上げるためには、一つ一つの料理がどれくらい時間がかかるのか把握していないとダメです。
それだけではなく、どれぐらい手間がかかるのかというのも理解しておく必要があります。
例えばグラタンなどのオーブンものは、一度入れてしまえば、
こんがり焼き色がつくまで何もしなくていい、となります。
そういうことを考えつつ如何に効率よく料理を作っていくのか考えていきます。

こういう考え方って別にバイトだけでなく、様々な場面で活用できると思います。
自分の抱えている仕事一つ一つのかかる時間を計算して、優先順位を決めたり。

ま、俺はうまく活用できてませんが

とりあえず、バイトの方は最大で一度に10品ほど作れるようになりました。
あくまで最大ということで、平均だと6,7品がいいところです。
そのために4つのコンロを同時並行に使いながら、オーブンにピザとか入れたりします。
今の自分の動き以上をするには、それこそ超サイヤ人にでもならないと無理です。

他にも料理の傾向(出数)を計算して材料の準備(スタンバイ)をしたり、在庫をチェックしたり、
発注したりと肉体労働のように見えて、頭を使う機会は非常に多いです。

「そんなに時間を使って、体に無理させてバイトするぐらいなら辞めたらいいやん」
ってよく言われます。
辞めないのは、このバイトで得れたものは意外に多く、何より料理を作るのが好きなのかもしれません。
それに調理師免許を取るまでは辞められません♪

長くて意味不明なエントリーでしたが、たまにバイトのことも書きたいなって思いました。

余談ですが、同じキッチンでバイトしている人と話すとほんとに嬉しいです。
不幸にも周りにはあまりいないのですが、働いているor働いていた人がいれば是非話しましょう☆
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。