スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藍坊主

2004/08/28 (土)  カテゴリー/Entertainment

ヒロシゲブルー久しぶりのアーティストレビューです。
ほんとにレビューしたいアーティストが沢山いますが、
中でもこの藍坊主は一日も早く書きたかったです。


五段階評価
★★★★★
ほとんど評価いいやつばっかやん、と突っ込まないで下さいね。
人間やっぱり自分の好きなものから書きたくなるもんです。

藍坊主は平均年齢21歳の自分と同じ世代のバンドです。

この「ヒロシゲブルー」というアルバムでメジャーデビューを果たしたのですが、
その前のインディーズのアルバムも購入して聴いていました。
しかし、メジャーデビューの勢いもあるせいか、このアルバムの完成度は前作の非ではありません。

何がいいかって?
それはすこし切なくなるような、昔を思い出させるような音楽性と心に沁みる感動的な歌詞の数々です。

あんまりこういう表現は適切ではないかもしれませんが、
メジャーに合わせて音や声にも刺々しさがなくなって、聴いていてすごく心地良いです。

BUMP OF CHICKENのアルバムも友達に是非聴いてもらいたい一枚で、過去にも多くの人に勧めてきましたが、
このアルバムも多くの人(ていうか聴く人全員)が聴いて満足できるぐらい素晴らしいと思います。

好きな曲を歌詞の抜粋付きで紹介していきます。

1.僕らしさ君らしさ

 君と同じ髪型で 君と同じ服を着て
 君と同じ靴をはき 歩いてきた僕は
 僕に似合う髪形で 僕に似合う服を着て
 僕に似合う靴をはくことを恥ずかしく思った
 気付かなかった「らしさ」の素晴らしさ

 どんな辛いことも
 僕にちょうどいいんだよと
 今が教えてくれた 僕は僕なんだよと


この歌は飾ることなく、「自分」は「自分」でそれがすごく大切なんだよと伝えてくれます。
何を当たり前のことをと思う人もいるかもしれませんが、
人と比較して自分の位置を確認することってよくやってしまいます。
そうなった時は自分を見失って、何が本当に大切なのかわからなくて不安になるものです。
そんなちっぽけな自分を元気付けてくれる一番大好きな曲です。

2.殴れ

 僕のこと殴れさあ今すぐ 拳で
 君の痛みはわからないけど 拳の痛みくらいならわかる


このアルバムの中で唯一といっていい(と思う)反抗の精神を込めた一曲です。
他人の苦しみや悩みを理解しようと努力しても、相手にはなれないから完全には理解できない。
そんなもどかしい状況に一度は出会ったことがあるはず。
そんな時に感じるのは自分の不甲斐なさや無力感。
この歌詞のようなセリフ言ってみたい。言える仲間がいたら素敵だなって思います。

3.春風

 今は何もやっていない だけれども本当は違う
 やれば東大だってはいれると君は言う
 君は何もできない その台詞聞けばわかるさ
 「できること」より「やること」はずっと難しいから


ずしりと胸に残る言葉です。
よく言うし、よく聞く台詞。「やればできるんだ」
それは皮肉にもずっとやらないからできないことを認めている。
「できること」と「やること」の違いはよく分かっていません(笑)
でも、伝えたいことはわかる気がする。

紹介したのはほんと少しで、全体的に世代が同じせいか共感できる歌詞が沢山あります。
どの曲も物語風になっていて聴きこんでいくと情景を想像したりして楽しいです。

拙い文章ですが、藍坊主に興味を持った人がいればコメントに書き込むなり、直接言ってください♪喜びます(笑)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。