スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

募金について

2004/05/24 (月)  カテゴリー/Thinking

22日と23日はハビの募金でした。

今回は西北のアクタの一箇所でしました。

久しぶりの募金ということもあり、いろいろと考えたことがあったのですが、
なかなか頭が働かず、昨日までまとめることができなかったので、
頭の中を整理する意味も込めて、書きたいと思います。

募金に興味のない人は読まなくていいです(笑)
ハビっ子もあんまりいいこと書いてないから読まないほうがいいです。

2回生の頃から考えの中にあったのですが、俺は募金あんまり好きじゃないです。

好きじゃない理由は・・・
1.立ちっぱなしでしんどい
2.最近募金の金額が下がってきている
3.募金してくれる人に十分な説明ができない
が主にあげられます。

今回も2日とも2つのシフト(休憩含んで4時間)に入ったのですが、
2日目とかほんまにしんどかった・・・。
前の日は募金→バイトで一日中立ちっぱなしで足がボロボロ。
体力的にしんどいと、精神的にも参ってしまいます。
そんなこんなで昨日は少しだらけた募金をしてしまったかも・・・。
まぁ長い前振りはこの程度でおいといて、本題に入ります。まずは・・・

(感情的な面も含めて)
今回も募金は最初の予定では2箇所ですることになっていました。
しかし、募金の人数が足りないために1箇所に変更。
他の大学のチャプターは1箇所が当たり前なので、
今までのエコハビが恵まれていたのかもしれませんが、
登録人数や今年CFHやGVに行く人数を考えると絶対に2箇所でできるはず。
それができないのは、単純に募金に参加しない人が多いから。
俺は今年はGVもCFHにも参加しません。
正直、参加しない自分が二日とも募金しているのに、
参加する人間が来ていないことに苛立ちを覚えました。
GVに行って帰ってきて、募金の時にフィリピンの人たちの顔を思い浮かべながら
呼びかけをすることができるようになりました。
でも、別にそれは募金じゃなくてもできること。
正直、生産的ではない。金銭面でも、啓発活動という点でも。

(頭で考えて)
ではなぜ募金活動をするのか?
大きな理由は
ドネーション(家代)の大半は募金から賄っていて、募金をしないことで財政的に苦しくなるから。
になるでしょう。
しかし、お金が集まりにくくなった今本当に必要なのか?
他の事をする必要はないのか?
具体的にあげると、1回の教会まわりで今の募金総額を越えます。
教会まわりはしっかりと顔と顔をあわせて、活動の説明をして
活動に理解してもらってお金を受け取ります。
関係を継続して、活動の報告をすることも可能です。
さらに説明がしっかりできないとどういうことになるのか?
ちっひはブログで
「貧困で、家がなくて、かわいそうだから、つらいから、募金してください」
と募金してくれる人に解釈されると書いてました。同感です。
募金である程度決まっているフレーズを言っていて、
むなしいような惨めな気持ちになります。
知ってほしいのはそんなことじゃない。
しゃべる内容を変えればいいんだけど、募金だとなかなか難しい。

(結論)
募金活動はお金(申請代)も人も時間も必要になる大変なものです。
俺は楽しくない、必要と思わない(他の方法があるという意味で)、しんどい
という理由で募金はしたくないです。
今までは、自分に嘘をついて
「募金は必要だ。みんなで頑張ろう!」
って呼びかけて、自分でも無理をして募金に参加していました。
でも、それももう限界。
これからは無理をして募金に参加はしないし、
嘘をついてまでムリヤリみんなに募金への参加の呼びかけをしたくない。

ほんとに大切なのは古い体質や習慣を破って新しい可能性を探ること、やと思います。
冷静に考えても募金は非効率だと思うし。
時代の変化についていけないとつぶれてしまうのは、企業もNGOも同じです。

えらい長くなってしまった。
しかも一部の人を不快な気分にさせるような文章ですみません。
あくまでも個人的な意見ですので聞き流してください。
あ、でもコメントいただけるとうれしいです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。