スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラク派遣について

2004/04/09 (金)  カテゴリー/Thinking

初めてのトラックバック、うまくできてるかな?

ちっひのイラク派遣についてのブログを読んで自分の意見を書きたいと思います。

日本人3人の拘束のニュースはちっひのブログを読むまで知りませんでした。
でも自分でその後調べて記事を読んでいく中で、ちっひと同じように混乱したというか、
複雑な感情につぶされてしまいそうでした。
何が複雑なのか、それは後の方で。

<自衛隊派遣>
俺も自衛隊派遣については反対と、質問されれば答えていました。
それは自衛隊とは自国を守るためのもので軍隊ではないから、という理由からでした。
でも、ちっひのブログを読んで、自分が一面的な視点から見ていないことに気づかされ、
何より大嫌いなマスメディアに自分が影響されて単純に意見を持っていたんだなって認識しました。
自衛隊の行っていることは人的支援で軍事力を利用していない。
しかも、各国が支援を行っている中で日本が支援しないことは国際的に許されることではなく、
支援することが結果的に自国を守ることになる。
この意見には大賛成です。
でも安直に、だから賛成に意見を変えるという風にはしたくない。
そもそも自衛隊という軍事力を持つこと自体に反対で、
平和は世界中が武力を保持しないことで目指せる可能性が出ると考えるからです。
でもでも、勿論それだけじゃ経済的暴力などもあって無理だろうし、
そもそも軍事経済で飯を食っている人たちが黙っているはずがないから
絶対にそんな日は訪れないでしょう。
ただ、支援だけを行っているというのはメディアを通して発表される政府の発言や、
現地の映像であって本当にそれを鵜呑みにしていいのかはわからない。
現地に行くことの大きさはフィリピンで十分実感しました。
といって、イラクに行くことは出来ない。
自分という一人の人間が何もかもを知ることはできないことが、
当たり前なんだけどもどかしくなります。
というわけで現状では反対・賛成を自分が意見できるほど知識を持っていないことを自覚しました。

<日本人拘束>
このニュースは本当にショックでした。
まず、日本人だからという理由で弱者であるボランティアやジャーナリストの方を拘束し、
脅迫の手段として利用するテロ組織が許せない。
政府としても派遣をやめて撤退することは、政治的に苦しい選択になると思う。
でも今求められるのは拘束された3人の命である、と俺は思う。
で、そう考えながらも自分と同じ日本人が拘束されて初めて関心を持ち、
3人が無事救出されて欲しいと思う自分の、
身の回りしか拾うことのできない器の小ささが嫌にもなります。
これまでにもアメリカ人でも他の外国人でもテロに拘束されたことは何度もあるのに、
心から無事を願ったことはなかった。
今まで知っている事件で捕まった人のほとんどが兵士だったせいもあるかもしれないけど・・・。

うまく考えがまとまらないなぁ。
一日も早く3人が助け出されることを願います。

<追記>
なんか政府は撤退する気が全然ないみたいだね。
完全に狂ってる。
一時的な撤退という形(もちろんテロ組織には内緒)を取るなどして、
拘束された3人を解放させることが最優先なのでは?
人の命は何よりも大切なもの。
それを政府はどう考えているんだろう。
憤慨するばかりです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。