スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初踊り

2005/01/15 (土)  カテゴリー/Circle

05-01-11_20-13.jpgこの写真は、11日の炎流初踊りの時の写真です。



大分前の話になってしまうのですが、



この時に心に残る言葉を二つ聞いて



ブログでどうしても書きたかったので、



今更ですが、書きたいと思います。



それは、初踊り前のミーティングででした。


ミーティングでは新体制発足ということで、



前代表であり、創立者のカリスマリーダー☆ゆーたの話から始まりました。



内容は、炎流の存在理由から始まり、これから持ち続けて欲しい大切な思いなどでした。



今までの自分を振り返り、たくさん反省をしたのですが、ゆーたの言葉で一番共感したのが、



「楽しむために努力する」ことの大切さです。



祭りなら祭りで、最高のパフォーマンスによって満足を得るためには、それに向けた努力が

必要不可欠です。すんごく説得力がありました。それは実際に努力している人間の言葉だからでしょう。



これって、どんなことにも当てはまるんじゃないかなって思いました。

努力を怠ると、手にするものもそれ相応でしかありません。

それでいて、そういう時に限ってその原因を自分以外から求めようとしてしまう。

常に全力でぶつかれば、たとえ失敗したとしても、

得られるものはなぁなぁで終わった時の何倍にもなるはずです。



心に留めて、これからの活動、勉強、その他もろもろをやっていこうと思いました。



そして、二つ目の心に残った言葉です。



それは、新代表のゆっこから発せられました。



炎流をどのような団体にしていきたいのかの話で、ゆっこは

「みんなの居場所としての炎流を作る」と言いました。

これは、すでにあるものだから作るというのは少し違うかもしれません。

時間が経ってしまったので、僕の聞き間違い、勘違いかもしれません。



で、作るとかが重要なのではなくて居場所として存在する団体であることは

本当にステキドキドキ小なことだなって思いました。



僕は、高校時代なんだか居場所が見当たらなくて、オロオロしていました。

大学に入って居場所を探して、最初に出会ったのがハビ。

ハビは心底愛する団体になりました。大学で一番の出来事です。

残りの大学生活何があってもこれは変わらないと思います。



そして、ふと自分と炎流について考えていました。

僕は、他の頑張っているメンバーには申し訳ないくらい参加率が低いです落ち込み

本当に迷って、辞めようか辞めた方がいいのでは、なんて考えたことも一度や二度ではありません。



それでも、この場所に残っているのは「まだまだ居たい!」って思っているからです。

そう思わせてくれたのは、夏休みのユキのメールだったり、岩城ちゃんがしてくれた個人特訓だったり、

忘年会での「来にくかったのに来てくれてありがとう!」といった言葉です。

久しぶりの練習参加なのに、みんなでっかい声で迎えてくれたり、

ホントみんなの優しさがあって炎流に居ることができています。

他にもたくさんたくさん挙げたらキリがないくらいあります。



でも、今の自分は居場所を作ってもらってばかりのメンバーです。

今度は自分自身が他のメンバーに居場所を提供プレゼントできるようになりたいと思います。

言葉メモにするのは簡単でも、実行走るに移すのは大変です。



炎流炎だけでなく、多くの活動で個人的な関わりでも

居場所を提供できる人間になるよう日々精進したいと思います笑顔
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。