スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイドインチャイナ

2008/03/12 (水)  カテゴリー/日々の雑感

こんな記事がありました。

「メイドインチャイナ」の評判上々
http://www.people.ne.jp/a/f07c3212dffa46a99f8a2d0849f0b968

一部抜粋すると、

ニューヨークの有名な消費者調査会社・GFK Roperがこのほど発表した調査報告から、「メイドインチャイナ」に対する米国人消費者の評判はすこぶる良く、「メイドインチャイナ」を受け入れているだけではなく、好んで購入している事実が明るみに出た。

同調査は価格性能比、品質、アイデア、評判の4方面において、米国人消費者2千人を調査対象として行われた。このうち中国製品の価格性能比が最高だとする人は米国の45%に次ぎ26%と、日本(24%)やドイツ(9%)より高かった。

メイドインチャイナでも日本のメーカーの可能性が
あるので、事実かどうかはわかりません。

それでも、世界的には中国産であることに
マイナスのイメージがなくなってきていることは事実のようです。

昨日会った日系企業の総経理(社長)が興味深い話をしてくれました。
その会社はオフショア開発(ソフトウェアを海外で作って納品する)を
しているのですが、日本よりもアメリカの方が仕事がしやすいそうです。

日本:金払いは悪いのに、要求が高い
アメリカ:要求は高いが、金払いも良い
中国など:金払いは悪いが、要求も低い

日本のサービスに対する要求度が高かったからこそ
製造業やサービス業のクオリティが優れていて世界に
認められてきたのですが、中国の「使えればあとは何でも良い」
という考え方が今はフィットしてきているのかもしれないです。

まぁ、限りある資源を大切に使うためにも
物をあまり大切にしない文化は良くないのは確かです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。