スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他己分析

2004/10/20 (水)  カテゴリー/Job Hunting

他己分析のお願いのメールが届いた皆様へ

お忙しいところ協力してくださり有難うございますペンギン



ちなみに他己分析には

[en]学生の就職情報のMY VALUEを使わせてもらいました。



kさんの「上回生で苦情?が出ている」と指摘を受ける前から、

突然このようなメールを送ることは失礼になるかなと思いながら、

やっぱり気になるので自分のことをしっかりと

見てくれそうな友達・先輩・後輩の方々にお願いしました。



話が変わりますが、ブログを始めたきっかけは今の4回生の就職活動の様子が

ブログに書かれているのを見て面白そうと思ったことにあります。



で、ついに自分もこのような他己分析をお願いする=就職活動の始まりを迎えたようです。

これからは少しずつ就職活動関連のエントリーも増えていくでしょう走る




他己分析では、依頼された人が依頼人について強みと弱みを書く欄があります。

「こういう風に思われてるんやー」とか「こんな風に見られてたのか・・・」みたいなものまで



でも何よりも嬉しいのは、俺自身の弱みだと思われることを

その友達や先輩が書いてくれていることです。

実はそういう指摘がすごく欲しかったりします。

自分では気付けないもの、自分では弱みではなく強みと勘違いしているもの。

そんなものを遠慮なく(少しは気を使われてると思いますが)書いてくれることが

こんなにも励みになって、勇気付けられることとは思ってませんでした。



要は、ただ褒められるってことは俺にとっては上辺しか見られていない気がして、

厳しい指摘をくれる人はしっかり見てくれていて、さらにそれを伝えてくれる関係で、

ってな感じです。指摘自体はなかなか耳の痛いものもあってその時は、

不機嫌に見えたり、反論したりすることもあって感じ悪いですが、しっかり心に残っています。



ってことで課題は、指摘を受けたときに感謝する気持ちを出すことでしょうか(笑)

もちろん感謝してます。上に書いたように痛いところ突かれてもムキになるなってことですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。