スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車男(その2)

2004/08/05 (木)  カテゴリー/Thinking

やっと書ける(苦笑)



もう忘れている人も多いでしょうが、

電車男を読んだ感想を二つに分けて書くと言っていました。



その1はこちら



さ、時間も空いてしまったのでどこまで

書けるか分かりませんが書いてみます。


その2のお題はインターネット世代のコミュニケーションです。

お、なんか面白い内容を期待できそうなテーマ・・・。

でも、自分の知識だったらあんまり面白くないんだろうなぁ。

これを読んで興味を持ったコンピューターに詳しい方は書いてみてください(笑)



ということで、気を取り直して書いてみます。



この「電車男」は2ちゃんねるで自分の体験を書き込み、

それに反応した利用者とのやりとりで成り立っています。



そこには、様々な情報が氾濫します。

電車男本人にとって益になる情報もあれば、混乱させる情報、攻撃的な書き込みなどなど。



CNET JAPAN BLOGにて面白いコメントがありましたので、引用すると・・・



電車男は、自分が恋愛にチャレンジするにあたって

2ちゃんねるでアドバイスを求め、2ちゃんねるの情報を自分で取捨選択し、

使いこなしています。彼には「困ったら2ちゃんねる」という発想があった。

それは、彼が今まで2ちゃんねると関り続けたことにより培われた2ちゃんねるへの信頼であり、

2ちゃんねるの中から役に立つ情報を選び取れる、

という自信(または自信を持つまでもない確信)があったからに違いありません。

2ちゃんねるという特殊なコミュニティに立脚した世代として、

「2ちゃんねる世代」とでも呼ぶべきでしょうか。




俺は2ちゃんねる愛用者ではないので、そこらへんはよくわかりません。

しかし、確実に同世代(自分も含めて)で様々な情報を

インターネットを介して入手している人の割合は多いと思います。

全体的にインターネットを利用して情報収集や交流をしている人は劇的に増加しています。



GREEやmixiを始めとするソーシャルネットワークサービスの登場や、

その前から流行っていたブログに関しても新しい世代の情報ツールと言えるでしょう。



この「電車男」は本当に良い形でインターネットの可能性を示してくれてると思います。

しかし、まだまだ「影」の部分は多く存在し、その影をどうやって処理するかが重要でしょう。

例えば、悪意のある人間が「電車男」のログをたどり、

身元を割り出し現実社会にまで介入していた場合・・・なども考えられます。



いつもどおり、まとまりなくなってきました。



最後にまとめると・・・(まとめたつもりで)

今回「電車男」を読んでみて、一番嬉しかったのは

不特定多数の人間、顔や身元の分からない人たちとのコミュニケーションがしっかりと取れ、

その中から多くのアドバイスや励ましを受け取り、成功させたと言うところです。

しっかりとした信念もそれを支える知識も無いですが、

インターネットによるコミュニケーションの可能性を見せてくれたいい話でした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。