スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジカン

2004/03/13 (土)  カテゴリー/Entertainment

大好きな音楽のレビューを定期的に増やしていく予定です。

記念すべき第一弾はアジカンこと"ASIAN KUNG-FU GENERATION"です。

君繋ファイブエム





五段階評価
★★★★★

アジカンを知ってまだ2ヶ月ほどしか経ってないと思います。最初のキッカケはバイトの友達が最近聞いた音楽でASIAN KUNG-FU GENERATIONっていうのがよかったと言っていたことでした。

その時、全くアジカンのことを知らず、自称音楽好きを語っているものとして知っておく必要があると思ったわけです。そこで早速TSUTAYAに行って探してみると、インディーズのコーナーにいっぱいあるじゃないですか!「へーこんなに売れてるんだ」みたいに思いながら手にとって見ると、まずそのジャケットにひき付けられました。

よくタワレコで掘り出し物探しをするんですが、自分がCDを手に取る基準はジャケットのセンスのよさです。ジャケットのセンスの合うアーティストは音楽性もよく合う、がポリシーです。

で、家に帰って聞いてみると心地よいメロディーと激しくそれでいてやさしい叫びが混ぜ合わさっていて、即行はまっちゃいました。

楽器弾けないし音楽評論家でもないから、どこが良かったとかまとまった文章で評価することはできないです。でも、アルバムとしてのまとまり(一貫性)とかシングル一つ一つの完成度の高さは目を見張るものがあります。

これぞラウドロックって感じ。

好きな曲は定番の「未来の破片」「君という花」と「夏の日、残像」そんで「N.G.S」
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。