スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長著しい中国の超高級車市場 所有者に若年層、女性増える

2008/06/17 (火)  カテゴリー/中国サイト

成長著しい中国の超高級車市場 所有者に若年層、女性増える 【nikkei BPnet】

本日は、コラムの紹介です。ニュース記事とは違いますが、中国の市場の変化を知るにはとても良い内容です。

中国はすでに世界第3位のぜいたく品消費国となっている。ゴールドマン・サックスのレポートによると、2015年には中国はぜいたく品消費で世界のトップに上りつめるという。自動車消費財の中のぜいたく品である超高級車は、今までに例をみない大きな陣容で中国市場を囲い込みつつある。

ぜいたく品消費量が世界第3位になっているということは、人口を考慮したとしても中国の経済力が高まってきていることを実感します。中国の経済発展は外資企業の参入が大きな要因です。内陸の農村は違いますが、内陸でも外資企業が工場を設立し、運営することによって雇用が創出され、経済が活性化されています。

沿岸部で顕著なのは、上海と深センです。上海付近の蘇州や杭州も近年、外資企業が来ることによって経済発展をしていますが、やはり華東地区を代表するのは、上海になります。

それに対し、華南地区は深センです。香港に非常に近い深センは、外資企業が多く存在し、それによって中国人の給与も上がり、生活水準が向上しました。近年は、物価の上昇が著しいため、以前ほどの生活の余裕がないそうですが、内陸の農村部と比較すると天と地の差があるようです。

と、半年程度、インターネットや書籍、情報誌、人から集めた情報で書いてみましたが、中国人の消費行動は多種多様かつ、かなりのスピードで変化しており、見えにくいとうのが一般的な意見です。私も、この見えにくい消費行動=市場に悩まされています。

今回、取り上げたコラムでは、若い女性の中に消費行動が高級志向になっている層が出てきていることについて詳しく書かれています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

タグ : 中国 ニュース 高級車 富裕層 女性 消費傾向

「保齢球」が静かなブーム、健康維持で注目

2008/06/16 (月)  カテゴリー/日々の雑感

「保齢球」が静かなブーム、健康維持で注目 【MSN産経ニュース

中国語で「保齢球」。さて、何のことかというと、実は日本語で言うところのボウリング。このボウリングが、その中国名の通り、メタボリック対策など健康維持にぴったりのスポーツとして注目されている。取手市体育協会ボウリング連盟は来月から、高齢者を対象とした「健康ボーリング教室」を開催。高度成長期、美人ボーラーとして一世を風靡した中山律子プロに憧れた世代が、今、退職期を迎え、「保齢球」ことボウリングが静かなブームを迎えている。

保齢球」=「年齢を保つ球技」とは言い得て妙。今風に言えば、アンチ・エンジング・スポーツか。

真剣にやると、結構ハードなスポーツだ。久しぶりにボウリングをした翌日(または2日後)、手足がパンパンという苦い経験を持つ方も多いだろう。3ゲーム投球すると、1時間20分のウオーキングと同じ運動量(約280キロカロリー)になるともいわれる。


記事の内容は、中国とは関係がありませんが、「ボウリング」=「保齢球」の紹介があったので、取り上げました。記事に書かれていますが、中国ではボウリングのことを保齢球と言います。漢字文化の日本人ならすぐにこの言葉の意図することが理解できます。

中国語での発音は「bao3 ling2 qiu2(バオリンチョウ)」となり、bowlingにも響きが似ていますね。

上海では一度しかボウリングに行っていませんが、設備は日本とほとんど変わりませんでした。行く前は、昔の日本のような手書きでスコアをつけるボウリングをイメージしていたのですが、ちゃんと機械で計算されました。

日本の「ラウンドワン」のような大々的にボウリングの看板があるというわけではなく、飲食店の看板のような感じで掲載されているので、事前に場所を知っていないと気付かないケースが多いと思います。

そういうわけで、記事のタイトルは日本のことを指していますが、中国でも「静かなブーム」と言えるのではないでしょうか。実際には数年前にブームが来て、今は落ち着いているようです。

タグ : ボウリング 保齢球 中国 ニュース アンチエイジング ブーム

中国検索エンジン市場シェアを巡る攻防

2008/06/15 (日)  カテゴリー/中国ニュース

中国検索エンジン市場シェアを巡る攻防 【ITpro】

China Pressは,「Google中国は5年以内に,中国インターネット検索エンジン市場のリーディング・カンパニーを目指す」というGoogle副総裁の李開復氏の発言を2008年4月14日付で報じた。2007年末時点で中国検索エンジン市場における各社のシェアは,Baidu.com:59.3%,Google.cn:23.4%,Yahoo.cn:11.0%,その他となっている(Analysys International 2008.1)。果たしてGoogle.cnは,依然約60%のシェアを誇るBaidu.comの牙城を切り崩せるのだろうか。

Google.cnの障壁となるのは何かと考えた時,それはBaidu.comの知名度ではないかと筆者は考えている。

Baidu.comは,これまで中国国内において積極的なブランド・プロモーションを行い,強力なブランドを築いてきた。その結果,中国では非インターネット・ユーザー層にもBaidu.comブランドが広く認知されるに至っている。このことは,日本において非インターネット・ユーザーでもYahoo! JAPANを認知していることに似ている。(一部抜粋)


中国の検索エンジンは記事にもあるとおり、Googleではなく、百度baidu)が強い支持を得ています。百度が支持を得ている一番の理由は、エンターテイメント分野に強いという点です。

画像をはじめ、mp3やPVなどの検索もトップページから選択することができます。ニュースなどの検索も中国の文化に適した情報提供の仕組みが成立しており、昔から着実にブランディングをしてきた成果であることが窺えます。

一方で、Googleは画像検索の結果が規制されていたり、キャッシュ機能も機能したり機能しなかったりと、国の制限に振り回されています。一時期、画像検索が解除されたようですが、解除の仕方が突然であったため、中国ではご法度の直接的なわいせつ画像が検索できたようです。これが原因かはわかりませんが、今はまた画像がうまく検索できなくなっています。

私は、日本でもYahoo!ではなくGoogleが出始めたころからのGoogleユーザーなので、中国でもGoogleを使っていますが、サイトには載っていない情報を知りたいときには、百度知道にお世話になっています。このサービスはいわゆるOKwaveやYahoo!知恵袋のようなユーザー参加型のQ&Aサービスです。

Googleがシェアをあげるためにどのような戦略をとるのか、Googleの掲げる理念を外れることなくサービスの展開をしていくことで中国市場にさらに認知されることになるのか、ニュースを見ることぐらいでしかウォッチすることができませんが、面白そうです。

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : Googel 百度 baidu 検索エンジン シェア 中国

シャープ、6月下旬より中国市場で携帯電話を販売へ

2008/06/14 (土)  カテゴリー/中国ニュース

シャープ、6月下旬より中国市場で携帯電話を販売へ 【CNET Japan】

シャープは6月12日、6月下旬より中国で第一弾となる携帯電話「SH9010C」を発売すると明らかにした。日本で2007年11月に発売された「920SH」をベースにしたものという。台湾、香港ではAQUOSケータイを出荷開始済みだ。

シャープ常務取締役 通信システム事業本部長の長谷川祥典氏  シャープ常務取締役 通信システム事業本部長の長谷川祥典氏は「中国では、意図していない経緯ですでにわれわれの商品が販売され、好評をいただいている。現地でテレビを売っている部隊からも販売の要望があった」と明かした。

また、北京オリンピックの前というタイミングに加え、中国では、AQUOSのブランド力が上がっていること、富裕層が多いことから「ハイエンドに位置するところでこの商品を売っていきたい」と高級ブランドとして販売していく方針を示した。専売のチェーン店から始め、中国の大手量販店へと販売経路を広げていく考えだ。見込み台数や価格は、現時点の発表は差し控えたいとした。


中国では、日本の高機能な携帯が人気です。しかし、日本の携帯メーカーはすべて中国市場から撤退をしています。それでは、どうして日本携帯が人気だとわかるのか。

続きを読む

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : シャープ 携帯 SIMカード 改造 販売

ネットが狙う外国企業

2008/06/13 (金)  カテゴリー/中国ニュース

【千変上海】ネットが狙う外国企業(産経新聞) 【Yahoo!ニュース】

四川大地震後の中国で本格的な公民意識が芽生えたのではという見方がある。広範囲な寄付運動がその現れというわけだ。確かに1日までに申し出のあった寄付金と支援物資の総額は415億3800万元(約6300億円、民政省発表)にのぼり、実際支払われた額は9割にも達した。

中国では申し出たまま実際に支払わないケースが多いというからこれは驚異的というほかない。21世紀経済報道紙が「これこそ支援意識の高さ」と、絶賛するのもよくわかる。

だが、この寄付行為、どうも嫌なムードが漂っている。上海市浦東区の裕福な地域にある幼稚園に長女をかよわせる知人の場合、子供が寄付を申し出ないと白い目でみられるそうだ。親の方もわざわざ幼稚園にやってきてわが子が貯金箱を割るところを写真撮影するほどの力の入れようだ。

こうして半強制的としか言いようのない圧力が裕福な企業や芸能人へと広げられてゆき、ついにネット上で「鉄公鶏」と呼ばれる外資系ケチ企業リストが登場した。

「中国で大もうけしながら寄付さえしないケチが外国企業リストをつくった。心ある中国人はもうこんなケチなところをもうけさせてはならない。この運動を広めようではないか」。こんなメッセージがあっという間に流布したのである。

リストには「サムソン(韓国)、ノキア(フィンランド)、ダイキン(日本)、コカ・コーラ(米国)…」といったそうそうたる企業名が並び、続いてマイクロソフトやマクドナルド、デルまでが追加された。その後、リスト企業はそれぞれに寄付金を申し出たにもかかわらずネット上では相手にされず、あわてて商務省に抗議、商務省も外国企業の貢献に大いに感謝を表明したのだが、ネットで増殖した義憤はエスカレートを続けている。


少し時期がずれてしまいましたが、コラムで今回の四川大地震に伴う「寄付金」の額の多寡による騒動についてわかりやすくまとめられていましたので、取り上げました。

寄付金」の額の多寡によって貢献度や愛国心といったものの度合いが違ってくるか否か。という問題があります。

続きを読む

タグ : 四川大地震 寄付金 外資企業 インターネット 騒動 ケチ

HSK受験予定の方にお勧め

2008/06/12 (木)  カテゴリー/日々の雑感

1月に上海に来てから、初めて始めた中国語の学習ですが、亀の様に遅い進歩ながら少しずつ上達できているのかな?と思います。

上海に来て、二日目で携帯と銀行の口座を一人で作りに行ったのが遠い昔のようです。あの時は本当に「你好」しか言えなかったので、口座を作れたのが奇跡です。

HSKも4月27日に初めて受験しました。これも手違いで「基礎」を受ける予定でしたが、当日試験会場に行ってみると「初中級」でした。テスト勉強は完全に「基礎」しかしていなかったので、未知との遭遇でした。

ヒアリングでつまづいたのを感じたのですが、次回のためと思い、その後も精一杯頑張りました。先日、ホームページで見れた結果は初級のCでした。つまり3級ですね。

総合の点数では、一緒に受けた上司よりよかったのですが、バランスが悪かったため上司より1つ下の級になりました。点数なしを覚悟していたので、3級でも取れただけラッキーです。一番良かったのは、読解で70点でした。これは昔から国語の点数が良かったことが関係していそうです。つまり、中国語の実力ではないですね(苦笑)

HSK6級を11月までに取得することが義務なので、来てから学習をしていたのですが、その当時からお世話になっているのが、HSK学習の専門サイトの「HSK網」が発行しているメルマガです。いつもわかりやすい解説がついていて、テキストの勉強+αという感じで使っています。

HSK網はこちらです。
http://www.hsk-wang.net/

先日から、その「HSK網」でキャンペーンが始まりました。

今読者登録すれば
『HSK直前であと20点取るための3つのツール』
という無料レポートがもらえます。

内容は、
■前日夜に! 直前ミニ模試(もちろん解説つき)
■当日朝に! 忘れちゃいけない持ち物チェックリスト
■会場内で! 直前カンペ(超超頻出単語、成語リスト) 

ということ。HSK直前にこのようなツールがもらえるのは本当に助かります。

興味のある方は、こちらの
http://www.formpro.jp/form.php?fid=32406

登録フォームから読者登録すると、ツールと一緒にメルマガが届きます。

今回は残り2週間を切りましたが、一生懸命頑張って6級を習得する意気込みで臨みたいと思います。意気込みだけでは、なんともならないことを簿記で痛感したので、計画を立てて対策します。

タグ : HSK 基礎 初中級 中国語 キャンペーン メルマガ

2011年、47万人に膨れあがる上海市の幼稚園児

2008/06/11 (水)  カテゴリー/中国ニュース

2011年、47万人に膨れあがる上海市の幼稚園児 【エクスプロア上海】

上海の街を歩くと、至る所で妊婦を見かけるが、去年から今年にかけて、中国全国的に空前のベビーブームを迎えている。上海も例外ではない。

上海市当局によると、2007年の幼稚園児の数は31万人だったが、2008年は39万人に、さらに2011年には47万人に増える見込みで、幼稚園不足がより一層深刻化することは確実だ。2008年は北京オリンピックもあり、これにあやかって出産を計画している人も急増している。

教師の育成の問題も含めて、子供急増は上海市政府にとっても頭の痛い問題となっている。


平日の昼間でも子供連れの夫婦をよく見かけます。祖父母と思われる高齢の男性・女性が赤ちゃんを連れて公園を歩いている風景もよく見かけます。子供は全世界共通で「癒し」の対象となるようで、子供のいる周りには人がたくさん集まってきています。

空前のベビーブームの理由を会社の中国の人に聞いてみました。理由は二つあるようです。

続きを読む

タグ : ベビーブーム 上海 幼稚園 ベネッセ こどもちゃれんじ

日本から戻りました

2008/06/10 (火)  カテゴリー/日々の雑感

6月7日から「簿記2級」の受験のために日本に一時帰国をしていました。

約2ヶ月ぶりとなる日本は、やはりきれいな町並みときれいな女性が多い都市(東京)でした。

続きを読む

タグ : 中国人 買い物 LOFT ビッグカメラ 簿記 試験 HSK 中国語

ニコニコ動画類似サイト

2008/06/09 (月)  カテゴリー/中国サイト

コンテンツビジネスがコピーされやすい中国ですが、日本で人気の「ニコニコ動画」のシステムをコピーしたサイトが出てきたようです。

ACFun.cn

ブリーチが全話視聴可能(ACFun)


上の画像はブリーチBleach)のアニメが視聴できるページのキャプチャです。中国語のタイトルはそのまま「死神」となっています。

右上あたりを見てもらいたいのですが、全話選択して見ることができます。ここまですごいと、日本側が著作権で騒ぐのも理解ができます。

コピーであったり、コンテンツを無料で使用することに文化として抵抗がない中国では著作権でお金を取るというビジネスは成り立たないように感じます。

キャラクターグッズの販売や、その他の産業へ結びつける努力をする方が良いと思うのですが、これは長い時間と愛情を込めて作成したクリエーターの方々が「多くの人に見られること」を喜び、満足することができるのか(=金銭的なメリットは非常に少ない)が重要となりそうです。

タグ : ACFun ニコニコ動画 ブリーチ Bleach 死神 全話 視聴

最良の観光客は日本人、中国人は最下位 米社がランキング

2008/06/05 (木)  カテゴリー/中国ニュース

最良の観光客は日本人、中国人は最下位 米社がランキング 【NIKKEI NET】

ネット旅行販売最大手の米エクスペディアは4日、ホテルマネジャーの各国の観光客に対する評価「ベストツーリスト2008」をまとめた。100点満点で各国の観光客を採点したところ、日本人が68点でトップになった。首位は2年連続で、現地のエチケットを守るといった行儀のよさや礼儀正しさ、部屋をきれいに使い、苦情が少ないことなどが評価された。

2位以下はドイツ人とイギリス人(53点)、カナダ人(51点)、スイス人(49点)の順だった。一方、同社が順位を公表した31カ国の中での最下位は中国人で27点。30位がインド人(28点)だった。行儀が悪いことや部屋を汚すことなどが低い評価につながったという。

調査は「騒がしい」「チップをくれる」など10項目の質問を設定し、3月下旬に欧州、南北アメリカ大陸などのホテル3万2000軒にメールで送信。4004人のマネジャーから得た回答を同社が100点満点の点数に換算した。


世界的に日本の「お行儀の良さ」は評価されているようです。マナーがあるというよりは、「おとなしい」という印象を持たれていそうですが。

中国に遊びに来た友人が話していて「なるほど」と思ったことがあります。それは、中国で生活をしていると、海外に行った時に世界から見て、マナーが悪いと言われることは仕方ないことのように感じるというものです。

ポイ捨てやタンを吐くというのは減ってきていますが、まだまだどこかマナーが足りていないと感じるのは、日本で生活をしていた日本人だからというわけではなさそうです。それでも最近は、マナーというかサービスの質が向上しているのを感じます。

飲食店の店員も明るくなってきている気がします。ニーズとしてはまだまだ小さいでしょうが、海外に行く中国人向けに世界基準のマナーを教える講座なども開いてみると意外に人気が出るかもしれません。

タグ : 観光客 マナー 日本人 中国人 ツーリスト エチケット

駐車場を検索するシステム、上海盧湾区が導入

2008/06/03 (火)  カテゴリー/中国ニュース

駐車場を検索するシステム、上海盧湾区が導入 【上海エクスプロア】

マイカーの急増で、上海市中心部では駐車場探しが非常に困難になっているが、上海市盧湾区では、インターネットを使って駐車場を探し出せるシステムを開発し、公開した。

この「上海盧湾停車網」(http://lwtc.luwan.sh.cn)では、道路名を入力すると、盧湾区内の駐車場が表示され、駐車料金・駐車可能台数なども紹介される。

盧湾区内には91カ所の駐車場が開放されているが、これまでその住所を調べるのが大変だった。


マイカーの増加は、上海に滞在して半年なので感じませんが、車の数は多いな、と来た当初から感じていました。タクシーなどでバイパスに乗ると、まわりの車はひとりで運転しているトヨタやホンダの車が目立ちます。

上海だけではありませんが、環境問題が指摘されています。実際に上海の空気はほこりっぽく、排気ガスの臭いもしています。なにより、晴天の日が非常に少なく、ほとんど曇り空です。

今回のニュースで注目すべき点は、さまざまな情報が整理され、ユーザに伝わるサービスとして提供され始めているというところです。経済生活が発展し、充実していくとさまざまな情報が必要となってきますが、これらの情報を収集し、整理した上で伝えるシステムというのは今後伸びてくると考えられます。

駐車場の案内も、カーナビのコンテンツとして取り入れられ、上海全域の駐車場が調べられる日が来るのも遠くないでしょう。駐車場とお店で思ったことが、中国のコンビニは駐車場がありません。これは、車社会になりつつあるとはいえ、まだまだ発展途上だからなのか、それともコンビニを求めるユーザー層が車を使わないからななのか、によってコンビニのポジションも違ってくるので、考えてみるのも面白そうです。普通に考えると後者の理由になりそうですが。

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 駐車場 上海 コンビニ カーナビ 情報 整理 盧湾区

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。