スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手段は目的?目的は手段?

2008/11/13 (木)  カテゴリー/日々の雑感

教えてもらった記事が非常に勉強になったので、
自分の備忘録として残しておきたい。

手段目的はすり替わる - 日経ものづくり
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/20070406/130296/

ここで書かれている内容は、
誰しも一度は経験したことがあるはず。

目的を達成するために取った手段が、
いつの間にか目的にすり替わっている。
その原因はいろいろと考えられるだろうが、
一番多いケースが、手段の作業量が
非常に多い時ではないかと思う。

このようなケースの場合、
手段の達成を目指すこと=目的となってしまう。
本来は目的を達成するための手段であったはずなのに、
手段の達成ができた時点で満足してしまう。

身近な例で考えると、
「打率を上げる」という目的があり、
「毎日素振りを1000回する」という手段がある。
すると次第に「素振りを1000回する」ことが目的となり、
本来の目的であった「打率を上げる」目的を忘れてしまう。

このことは、どこに問題があるのか、
それは、「打率を上げる」ための手段が
「素振りを1000回する」だけではないことと関係する。
「動態視力を鍛える」ことでも打率が上がるかもしれないし、
「筋肉をつける」ことも長打につながり、打率が上がるかもしれない。
結果として、「打率を上げる」ことに対し効率の悪い行動を
取ってしまっている可能性がある。

記事にも書かれているが、手段を実行する上で大切なことは
その手段はもともと何のために選択し、実行しているのか、
定期的に振り返り、効果を検証することにある。

最初に立てた「目的」を定期的に確認すること

たったそれだけのことだが、手段を実行し、
日々忙しくなっていく中では、忘れがちである。

「目的」は「ゴール」と置き換えることができる。
「ゴール」に早く着くために、「歩く」のか「乗り物を使う」のか
「決められた道を行く」のか「近道を探すの」か
「手段」はたくさんある。

今回、書きたかった内容とはズレてしまうので、
次回、時間がある時に整理したいが、
たくさんある「手段」から効果的なものを選択するのも
非常に重要だ。

普段書いている内容とは色合いが違った内容になってしまったが、
今後は、このような投稿も自身のトレーニングのために
書き進めていこうと思う。
スポンサーサイト

タグ : 目的 手段 効率

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。