スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パンダ貸与」の意味するもの

2008/05/22 (木)  カテゴリー/中国サイト

「パンダ貸与」の意味するもの  【NBonline(日経ビジネス オンライン)】


日本が唯一所有権を持っていた上野動物園のジャイアント・パンダ(以下「パンダ」)のリンリン(陵陵)が2008年4月30日に死亡した。1985年に北京動物園で生まれたリンリンは、日中国交回復20周年を記念して、日本生まれのパンダと交換する形で1992年に上野動物園へ寄贈されたものだった。現在のところ日本には合計8頭のパンダ(神戸市立王子動物園2頭、和歌山アドベンチャーワールド6頭)が飼育されているが、これらはいずれも研究目的という名目で中国から有償で貸与されているものであり、日本に所有権はない。


リンリンの死亡時期が折しも中国の胡錦涛国家主席の訪日直前であったことから、日本政府は中国政府に対して胡主席の訪日土産の意味合いを込めてパンダ2頭の借り受けを要請した。5月6日午後に訪日した胡主席は同日夜の福田首相主催の夕食会で、日本側の要請に応えて「雄雌1対のパンダを研究目的で日本に貸与する」ことを表明した。


パンダ貸与に関する詳細は、直接記事をご覧になってください。中国は香港と台湾以外へは、パンダを「貸与」という形で受け渡すという方針になっているようです。


1年間で、1億円の貸与料金は高いのか安いのかというと、高い金額です。その後の日本国民の反応でも下記のような調査結果が出ています。


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 中国 パンダ 貸与 外交政策

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。