スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海市の可処分所得が全国1番に

2008/11/18 (火)  カテゴリー/中国ニュース

上海市民の可処分所得が深セン市を抜く
http://www2.explore.ne.jp/news/article.php?id=11106&r=sh

中国国家統計局によると、2008年第3四半期までの
上海人一人あたりの可処分所得は20,257元となり、
深セン市の20187元を抜いて全国1位となった。
第3位には寧波市(19566元)、第4位には北京市(19546元)、
第5位には広州市(19229元)と続く。
上海市民の可処分所得の内訳をみると、
給与による収入が14412元となり、
可処分所得の7割を占めており、前年比10.3%の増加となった。
大幅な増加となった背景には、好調だった2007年の
ボーナスが加算されているからとみられている。
しかし、金融危機の影響で、たとえば第3四半期の
財産収入は 4.8%下落しているなど、
減少への要因も出始めている。
一方で、上海市民の消費支出は14,657元で、前年比13%の増加。
物価上昇の影響を除くと、実質5.9%の増加となる。
また、食品支出は5230元となった。
去年の同期と比較すると16.2%の増加となる。


現在、市場調査をしている関係から各エリアの特性を
調べることがありました。

中国には、4つの直轄市があります。
北京・上海・重慶・天津です。
北京・上海はニュースでも出ているように世界的にも
有名な都市で、今年は北京オリンピックが開催され、
2010年は上海万博が開催されます。
天津は北京の隣に位置し、北京の成長の
恩恵を受けながら成長をしてきました。
勉強不足で重慶がなぜ直轄市なのかはわかっていませんが、
重慶は唯一内陸部にある直轄市です。
他の三都市に比べると重慶市のGDPはまだ低く、19番目に位置します。
しかし、開発が積極的に行われておりGDP成長率は
中国国内でも一番というデータもあります。

今回のニュースで驚いたのは、寧波市が第三位につけていることです。
寧波市は、浙江省にあります。浙江省は上海の隣に位置し、
観光で有名な杭州がある省です。また、温州では軽工業が発達し、
その成長によって裕福になった人たちが全国の不動産を買って
さらに資産を増やしています。
ただ、自分の知識では寧波市は何も特徴がない都市で、
唯一の印象は、杭州へ中国語オンリーのバスツアーに参加した際に
上下赤色ジャージのかわいらしいお爺ちゃんが寧波市出身だったぐらいです。

時間の都合上、今はなぜ寧波市が裕福なのか調べられませんが、
機会を見つけて調べてみようと思います。何か理由をご存知の方が
いましたら教えてください。
スポンサーサイト

タグ : 中国 ニュース 上海 寧波 所得 GDP

成長著しい中国の超高級車市場 所有者に若年層、女性増える

2008/06/17 (火)  カテゴリー/中国サイト

成長著しい中国の超高級車市場 所有者に若年層、女性増える 【nikkei BPnet】

本日は、コラムの紹介です。ニュース記事とは違いますが、中国の市場の変化を知るにはとても良い内容です。

中国はすでに世界第3位のぜいたく品消費国となっている。ゴールドマン・サックスのレポートによると、2015年には中国はぜいたく品消費で世界のトップに上りつめるという。自動車消費財の中のぜいたく品である超高級車は、今までに例をみない大きな陣容で中国市場を囲い込みつつある。

ぜいたく品消費量が世界第3位になっているということは、人口を考慮したとしても中国の経済力が高まってきていることを実感します。中国の経済発展は外資企業の参入が大きな要因です。内陸の農村は違いますが、内陸でも外資企業が工場を設立し、運営することによって雇用が創出され、経済が活性化されています。

沿岸部で顕著なのは、上海と深センです。上海付近の蘇州や杭州も近年、外資企業が来ることによって経済発展をしていますが、やはり華東地区を代表するのは、上海になります。

それに対し、華南地区は深センです。香港に非常に近い深センは、外資企業が多く存在し、それによって中国人の給与も上がり、生活水準が向上しました。近年は、物価の上昇が著しいため、以前ほどの生活の余裕がないそうですが、内陸の農村部と比較すると天と地の差があるようです。

と、半年程度、インターネットや書籍、情報誌、人から集めた情報で書いてみましたが、中国人の消費行動は多種多様かつ、かなりのスピードで変化しており、見えにくいとうのが一般的な意見です。私も、この見えにくい消費行動=市場に悩まされています。

今回、取り上げたコラムでは、若い女性の中に消費行動が高級志向になっている層が出てきていることについて詳しく書かれています。

続きを読む

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

タグ : 中国 ニュース 高級車 富裕層 女性 消費傾向

「保齢球」が静かなブーム、健康維持で注目

2008/06/16 (月)  カテゴリー/日々の雑感

「保齢球」が静かなブーム、健康維持で注目 【MSN産経ニュース

中国語で「保齢球」。さて、何のことかというと、実は日本語で言うところのボウリング。このボウリングが、その中国名の通り、メタボリック対策など健康維持にぴったりのスポーツとして注目されている。取手市体育協会ボウリング連盟は来月から、高齢者を対象とした「健康ボーリング教室」を開催。高度成長期、美人ボーラーとして一世を風靡した中山律子プロに憧れた世代が、今、退職期を迎え、「保齢球」ことボウリングが静かなブームを迎えている。

保齢球」=「年齢を保つ球技」とは言い得て妙。今風に言えば、アンチ・エンジング・スポーツか。

真剣にやると、結構ハードなスポーツだ。久しぶりにボウリングをした翌日(または2日後)、手足がパンパンという苦い経験を持つ方も多いだろう。3ゲーム投球すると、1時間20分のウオーキングと同じ運動量(約280キロカロリー)になるともいわれる。


記事の内容は、中国とは関係がありませんが、「ボウリング」=「保齢球」の紹介があったので、取り上げました。記事に書かれていますが、中国ではボウリングのことを保齢球と言います。漢字文化の日本人ならすぐにこの言葉の意図することが理解できます。

中国語での発音は「bao3 ling2 qiu2(バオリンチョウ)」となり、bowlingにも響きが似ていますね。

上海では一度しかボウリングに行っていませんが、設備は日本とほとんど変わりませんでした。行く前は、昔の日本のような手書きでスコアをつけるボウリングをイメージしていたのですが、ちゃんと機械で計算されました。

日本の「ラウンドワン」のような大々的にボウリングの看板があるというわけではなく、飲食店の看板のような感じで掲載されているので、事前に場所を知っていないと気付かないケースが多いと思います。

そういうわけで、記事のタイトルは日本のことを指していますが、中国でも「静かなブーム」と言えるのではないでしょうか。実際には数年前にブームが来て、今は落ち着いているようです。

タグ : ボウリング 保齢球 中国 ニュース アンチエイジング ブーム

ロールス・ロイス、中国の大富豪を狙う

2008/05/20 (火)  カテゴリー/中国ニュース

ロールス・ロイス、中国の大富豪を狙う  【NBonline(日経ビジネス オンライン)


世界の自動車メーカーのほとんどが、中国に魅力を感じている。アジア最大で、世界でも米国に次いで第2位の規模の中国市場。昨年の自動車販売台数は830万台で、そのうち乗用車、SUV(多目的スポーツ車)、ミニバンは合計520万台だった。


そんな中、独BMW傘下の英ロールス・ロイス・モーター・カーズ、アジア・パシフィック担当のコリン・ケリー氏は、何百万という大きな数ではなく、はるかに小さな数に的を絞っている。その数とは106。超高級車ロールス・ロイスの中国における昨年の販売台数(香港26台、中国本土80台)だ。


106という数字は小さく思えるかもしれないが、ロールス・ロイスの世界販売台数の実に10%に相当する、とケリー氏は言う。今年の中国市場での販売台数を約170台と見込んでおり、同社にとって中国は、英国を抜いて米国に次ぐ2番目の市場になるとケリー氏は予想。「中国市場には大いに期待している」と自信を見せる。


上海では、南京西路の近くに外車のディーラーショップが集中しています。そこには、ポルシェやBMW、ベンツなどがありますが、売れ行きは順調のようです。ポルシェの話ですが、年間で今年は300台を超えるそうです。上海市には、1店舗しか出店していないそうなので、この1店舗で300台が売れるというわけですから、1日約1人のペースで販売されていることになります。


また、中国ではアウディも人気があるようです。人気があるというのは、仕事上で必要な時によく使われる(ぼやかしていますが、大体想像できると思います)車種のようです。実際に、街中で役人のような人が、運転手付きでアウディに乗っているのをよく見かけます。


中国の自動車市場への注目はすごいようで、最近開催された北京のモーターショーもいくつかの自動車メーカーは新車の発表をこのモーターショーで行ったほどです。


環境問題が叫ばれていますが、経済成長まっただ中だった日本を考えると、自動車社会になって環境が汚染されることに対して、強くは言えない部分もあります。ただ、中国の場合は人口の規模が他の先進国と比べても多いので、できるだけ早い将来に環境を重視した車が安価で登場することが、世界にとって必要なことと言えます。


記事に取り上げられている、ロールス・ロイスは1台、約2000万円はするそうです。そう考えると、106台販売するだけで、20億円の売り上げですから、記事にもあるように、決して小さな数字ではないことが窺えます。

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 中国 ニュース ロールスロイス 高級車 富裕層

ジョイフル上海店、開業へ

2008/05/19 (月)  カテゴリー/中国ニュース

ジョイフル上海店、開業へ  【MSN産経ニュース】


ファミリーレストランのジョイフル(大分市)は16日、中国で初出店となる上海市内の店舗で内覧会を実施した。午前と午後に分かれ現地の報道関係者ら約200人が参加、18日のオープンを前に試食などをした。


店舗は上海中心部の若者が多く集まる地域にあり、店内は約130席。メニューはピザ、パスタ、カレー、ハンバーグなど。値段は、ほぼ日本並みという。当面は深夜までの営業で、7月からは24時間営業する。


同社は上海を中心に今後3年間で5店の出店を計画している。


上海では、サイゼリアを見かけることができます。サイゼリアは出店当初は苦戦をしていたようです。聞いた話になりますが、最初に苦戦した理由は「日本レベルのサービス」を提供しようとしたことにあるようです。つまり、高級なサービスは必要なく、安価でおいしい料理を食べることができれば、中国の消費者には受けたということですね。


そもそも、日本でのサイゼリアは高校生がよく使う、安価でそれなりの料理を食べられるファミリーレストランです。私も大学時代はよく友人と食べに行っていました。そのサービスでも中国人にとっては余計なサービスとなると考えると、文化の違いは面白いと感じざるを得ません。


ファミリーレストランの出店はジョイフルのように今後も増えるかもしれませんが、それまでに出店している外資の飲食店との差別化をはかりながら、中国の消費行動、心理に合わせていくということは、市場に飛び込んでトライ&エラーでやっていかないと難しいこととも言えそうです。


そんなことを言っている私も、現在は新規事業の立ち上げ前でジタバタしております。早く、事業を走らせて失敗しながら、勉強していければ良いのですが、そういうわけにもいかない事情があるので、もどかしい期間が続きますが、無事に事業を立ち上げられるように毎日毎日、確実に進んでいきたいと思います。

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 中国 ニュース サイゼリア ジョイフル ファミレス 進出

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。